地球環境紀行 全13巻
Earth Report Chapter 1 to 13

WWFとTVEインターナショナルが制作し、BBCワールドで全世界に紹介されたもの。
各国、各地域が今抱えている「環境」と「人々の生活」との問題を浮き彫りにしています。

第1巻  スリランカ

25'30"

人間と象が共存している唯一の国と言われるスリランカ。しかし、森林伐採、農地の開拓が人間と象双方の生活領域まで入り込み、お互いの衝突が避けられない状態まで追い込まれました。ここでは、その様子を中心にルポするとともに、「象の孤児院」での、象たちを大自然に戻すための教育を紹介します。

【その他のテーマ】
  • ◆国立公園の指定を受けた地に住む先住民たちの権利
  • ◆観光スポット化された亀の孵化場
  • ◆観光客目当てに違法な乱獲が行われるサンゴ

第2巻  ネパール

25'00"

ネパールと言えば、聖なるヒマラヤをイメージしますが、心無い旅行者によって、壊れやすいヒマラヤ山脈の生態系が脅かされています。その実態を、ヒマラヤ現地に探ります。

【その他のテーマ】
  • ◆ナマケグマやサイの棲む東ヒマラヤの公園
  • ◆カトマンズにおける水不足と伝統的な給水システム

第3巻  シンガポール

24'30"

シンガポールは、アジアにおける環境テクノロジーの中心的存在といわれていますが、その実態を効率のよい輸送システムや、近未来を見据えたビル建築を通して紹介します。

【その他のテーマ】
  • ◆ボランティアによる植樹集会の様子
  • ◆シンガポール経済を支える国外からの労働者たち

第4巻  インド

24'45"

開発が先か、環境保護が先かは、常に繰り返されるテーマですが、エネルギーを何より必要とするインドでは、先住民の立ち退きやさまざまな危険を顧みず、ダム建設が進んでいます。その状況をつぶさに報告します。

【その他のテーマ】
  • ◆骨の病気の原因といわれる水の中のフッ素物質
  • ◆腐敗した死体や化学物質で汚染したガンジス河
  • ◆亀とワニに孵化場作りの様子

第5巻  中国

25'15"

世界中の注目を集めている揚子江の三峡ダムは、洪水を治め電力を供給すると言われていますが、果たしてよいことづくしなのでしょうか?こうした議論を呼んでいる問題を、現場レポートの形で紹介していきます。

【その他のテーマ】
  • ◆山林伐採・土地の退化が洪水を招くチベット高原
  • ◆灌漑用、産業用、家庭用に使われる黄河の水

第6巻  スペイン

25'15"

前衛的デザイン建築の多いスペインですが、近年は環境にやさしいことも重要視されています。エネルギーの節約に役立つデザインが採用される一方で、環境に配慮したように見える風力発電も、それが渡り鳥の進路に建てられるとあっては問題です。

【その他のテーマ】
  • ◆太陽海岸でのエコツーリズムに関するさまざまな実験
  • ◆「幼魚を食べない」全国キャンペーン
  • ◆国立公園での殺虫剤使用が鳥たちに与える影響

第7巻  スコットランド

25'30"

野生の松や樺を、スコットランドの森に甦らせる運動が始まりましたが、果たしてこの運動は、成果を上げているのでしょうか。現地で検証します。また、スキー場に新設されるケーブルカーが自然を傷つけるのではないか、という反対派と賛成派の言い分を取材します。

【その他のテーマ】
  • ◆魚の養殖と天然のサケやマスの減少との因果関係
  • ◆200年前に失った土地を買い戻す小作地コミュニティ

第8巻  オランダ

25'30"

花や果物、野菜の栽培に従事する人々は、有機農法に変えつつありますが、今なお殺虫剤が問題を引き起こしています。こうした環境先進国といわれるオランダにも見られる「経済性か、環境か」という問題に迫ります。

【その他のテーマ】
  • ◆石油採掘の作業が砂洲や干潟に与える影響
  • ◆メルセデス車の部品にまで使われる多用途の麻

第9巻  バルト三国

25'30"

ソ連解体とともに、バルト三国にはソビエト時代の負の遺産がさまざまな面で見られます。こうした例をラトヴィアのソ連時代の工場に充満する有毒物質などの検証を通じて、報告します。

【その他のテーマ】
  • ◆河の汚染を見かね、地元の子供たちと協力して廃材によるいかだを作り環境汚染を船上から呼びかけるリトアニアの男の物語
  • ◆野生動物の危機を迎えたクロニア国立公園
  • ◆アザラシと漁民たちの魚資源の争い

第10巻  南アフリカ

25'30"  

催淫剤として評判を取ったアワビが、密漁によって、ストックが急激に減少しています。こうした市場経済の犠牲となっている漁民たちの悩みを紹介します。また、セミクジラがカムバックを果たした様子も、レポートします。

【その他のテーマ】
  • ◆禁猟区地域のトロフィー(獣の頭)目当てのハンター
  • ◆南アフリカの新しい民主主義の下で育つ青年たち
  • ◆先祖の地に帰還していく黒人コミュニティ

第11巻  東アフリカ

25'30" 

東アフリカでは、環境に関する明るい話題を中心に紹介しています。例えば、タンザニアでは、漁民がダイナマイトの使用を止め、伝統的な漁法に立ち返っています。また、革命的な煙の出ない木炭を開発した、若い発明家もいます。

【その他のテーマ】
  • ◆ナイロビのスラムで活動する少女サッカーチーム
  • ◆ケニヤでのクロサイを戻すための新しい試み

第12巻  ブラジル

25'30"

熱帯雨林の消滅を中心とした、暗い話題が中心になりやすいブラジルですが、今回はクリチバ市に見られる革新的な公共乗り物のシステムや、ごみの70%以上が再利用されている様子を取材します。また、メロドラマ番組にも環境メッセージを組み込んでいるテレビ局の実情を報告します。

【その他のテーマ】
  • ◆漁獲量減少とその再生にかけるコミュニティ

第13巻  メキシコ

24'45"

日本企業が推し進めていた塩田拡張計画が、コククジラの生存を脅かすという理由で地元や環境保護団体の反対を受け中止に追いやられる経緯をレポートします。

【その他のテーマ】
  • ◆自然保護グループが計画する森林保護を目的としたエコツーリズム
  • ◆メキシコシティの環境情報公開
  • ◆カリブ海の海岸線の景観を守るための自然保護と開発計画は両立するかどうか